Tommy's daily life
タイトルの通り、Tommyの日常です・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
アレクサンダー
地元の駅の改札を抜けると、ロッカーの前で明らかに困ってますオーラ全開の外人を発見。

あまりのオーラに思わず声をかけると荷物を入れたままロッカーが開かないとのこと。
そんな馬鹿なと思い詳しく聞くと、スイカでロッカーの料金を前払いしたらしく、再びそのスイカでタッチすれば開くシステムだが何度やっても開かないと絶叫。

僕も試しにトライしてみたが、やはり開かない。
テンパッタ外人が、サービスセンターに電話すると言い携帯を手に。
しかしちょっと待て、お前が思っている以上に日本人は英語が話せないぞ。

彼に代わってサービスセンターに電話すると、どうやら彼は一度タッチしてロッカーを開けたが、荷物は取り出さずにロッカーが閉じられ、偶然そのときにそのロッカーに以上が発生したらしくロッカーの管理者が「空き」状態と勘違いし、異常が発生したそのロッカーをロックしたらしい。

なんたる奇跡、外人にどうやって説明すりゃいいんだこんなメンドクセーこと。
とりあえず、荷物を入れてるときに故障したと伝えた。

遠隔操作でそのロッカーが開くと、外人は大喜び。
ほんとにうれしそうで、この恩は忘れないバリのことを言っていた。

彼の名はアレクサンダー。
ドイツの研究者らしい。

たまたま学校に忘れていた携帯の番号を聞かれ、持ってないと答えると。
そんなやつ聞いたことねぇと爆笑。

自分の英語力のなさを後悔。

彼は必ずまた電話するよと言って去っていきました。

アレクサンダー、電話はやめてくれ。
聞き取れねえっす。


でもまあ、プライスレスな出会いでした。
スポンサーサイト
極寒観測
観測。
今回は、日本橋川、神田川を対象とした水質の観測です。
都が近々川底のヘドロを浚渫するという情報をゲットしたため、浚渫前後での観測の第1回目。

潮の満ち干きが河川の水位や水質に影響するため、24時間行います。
僕は不運にも夜組み。
3月でも夜はメチャメチャ寒い。

追い込まれると、人間は知恵を働かせ、それを乗り越えるんですね。
画像-0106


後輩です。
確かにダンボールはメチャメチャ温かい。
今までこういう人を見ると、ココロの中でかなりの暴言を吐いていましたが、この場を借りて謝罪いたします。

すいませんでした。
あんたたちの知恵はすげぇ。
はぁ~
久しぶりのブログ。
先週の金曜日に無事に修論の発表は終わり、その勢いで遊びすぎた!!
やらなければならないことが意外と多く、ピンチっす。

しかも中免もまだあと半分くらい残ってんし。
やべぇやべぇ~、これ3月のテーマにします。

卒業式の前あたりに旅行にいけたらいいな。

院試おめでとう飲み
毎年恒例の春院試。
これに落ちると、留年するか就職先が決まらないまま卒業するかの2択というまさに崖っぷちの試験です。

水理研からは2名のエントリー、そして結果はまだ出ていないものの、両人ともかなり自信がある模様。
試験後は、決まってお疲れさま飲み。
画像-0119

写真は2次会から3次会へ移行する合間のピット作業、ウコン注入。
効果があるかないかは分からないが、とりあえず飲んじゃうね。
結局4次会でフィニッシュ。

お疲れ様でした。
雪!?
結婚式の翌日。
サッカーの試合のため朝9時30分に試合会場に集合。
東京では、久しぶりの積雪を記録したみたいで、交通機関もダメージを受けてるというニュースを聞いていたが、われらがホームタウン秦野市はなんのその。
画像-0118

チームのメンバーの半数が東京寄りに住んでいるため、雪で来れないとのこと。
結局6人しかメンバーが集まらず、メンバー全員が秦野出身の敵チームに不戦敗という屈辱。

何もせずに帰りました。
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。